ヨーロッパのデザインと日本の技術が融合した横浜家具

横浜家具は神奈川県特有の工芸品ですが、知らないという人も多いかもしれません。
これは、ヨーロッパ風のデザインと、日本の木工技術とが合わさった家具のことをいいます。
かつて日本の開国と同時に、様々なものが横浜港を通じて日本へ持ち込まれました。
そのときに、家財道具なども持ち込まれており、その修理をしていた地元の職人たちが、そのデザインなどを応用し、独自のものをつくるようになったのが始まりだといわれています。
日本では昔から釘などの留め具を用いない木工が発達してきました。
これを指物といいます。
木の板をほぞと呼ばれる突起とほぞ穴と呼ばれるくぼみを用いて、その両方を合わせ、木を組み立てる技術ですが、日本の和家具には、この方法が多く見られます。
横浜家具を作るときに用いられている技法は、この指物を応用したものだとされています。
日本のものが直線的であるのに対し、ヨーロッパのものは曲線が多用されています。
両方の特性を生かしたものがこの工芸品の特徴だといえるでしょう。

ブルックリンスタイル
お部屋をおしゃれな空間に

納期の早さなら負けません!即時対応可能な事務作業代行はこちら
高品質・低価格!高度な事務作業から単純作業までなんでもお任せ!

北欧デザインのローベッドで寝室をおしゃれに!

銅を含む家電の買取
カシマが高額でお引き受けします

最新投稿